崇福寺について

崇福寺の歴史

開創400年

徳川家康が江戸幕府を開く3年前の慶長5年3月(1600年)香山泰厳和尚が日本橋浜町に崇福庵を建立しました。

慶長18年(1613年)上野厩橋藩(前橋城主)酒井雅楽頭忠世(さかいうたのかみただよ)の帰依により堂舎を建立し、国府台の総寧寺(そうねいじ)を本寺とし名称を崇福寺としました。

1657年、明暦の大火にて焼失した為、忠世の孫酒井忠清(さかいただきよ)の代に、浅草松清町(現在の浅草郵便局)に1300坪の土地を拝領し移転、本堂を再建しました。

以来酒井家の江戸の菩提寺として永く栄えました。その為酒井家の家紋である「剣鳩酸草(けんかたばみ)」を寺の紋として使用しています。

酒井家は徳川氏の最古参の譜代筆頭で、徳川幕府の大老四家の一つに数えられ、一族から大老や老中を輩出し、代々雅楽頭を任じられていました。

また江戸城大手門付近の酒井家上屋敷の中庭には平将門公の首塚があり酒井家により手厚く祀られ、崇福寺の住職も首塚に供養に出向いていました。

大正12年9月の関東大震災にて被災し、昭和3年6月浅草よりここ高砂に移転、同8年本堂・山門・鐘楼等を再建しました。

酒井雅楽頭歴代の墓所は群馬県前橋市の龍海院にあり、ここ崇福寺は酒井雅楽頭家、伊勢崎藩酒井家の墓所となっております。

右から「海島山」

「龍海院:おもて」
「龍海院:おもて」
「龍海院:うら」
「龍海院:うら」

曹洞宗について

由来

中国の禅僧である洞山良价の「洞」と、その弟子である曹山本寂の「曹」をとって「曹洞」としたのが曹洞宗(そうとうしゅう)の名の由来だと言われています。
曹洞宗の開祖、道元禅師は鎌倉時代に宋に渡り5年間の修行で禅宗を学び、日本に帰国後福井県に永平寺をお開きになりました。
その禅の本随はひたすらに坐禅にうちこむことが最高の修行・只管打坐(しかんたざ)であると人々に伝えました。
その教えは地方武家、豪族、下級武士、一般民衆に広まっていき、そして今では全国に約15,000の寺院を持つ程になりました。

ご本尊

釈迦牟尼佛(しゃかむにぶつ)お釈迦様のことです。
南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)とお唱え致します。

両大本山

開祖、道元さまが仏教の教えを中国より日本に伝えられ、道元さまから四代目の瑩山さまがそれを全国に広め、曹洞宗の礎を築かれました。
私達が父と母の両親を持つように、道元さまを父、瑩山さまを母と考えております。
その為、道元さまがお開きになった福井県にある永平寺と、瑩山さまがお開きになった横浜市にある總持寺と言う二つの大本山があります。

総持寺:神奈川県横浜市鶴見区鶴見
永平寺:福井県吉田郡永平寺町志比

よく読まれるお経

摩訶般若波羅蜜多心経(般若心経)
妙法蓮華経観世音菩薩普門品(観音経)
妙法蓮華経如来寿量品
大悲心陀羅尼修証義

宗門の学校

駒澤大学、東北福祉大学、愛知学院大学、鶴見大学など